ボディケア

デリケートゾーンの臭いや黒ずみにおススメ3選

人には聞きにくいデリケートゾーンのお手入れ方法。気になるのは黒ずみだけど、もしお手入れ方法が間違っていたらトラブルにも繋がりやすいのです。

でもなかなか正しいお手入れ方法が分からない!という方も多いのではないでしょうか。
デリケートゾーンで多くの方が悩んでいる匂いや黒ずみ対策または普段のお手入れ方やおススメのアイテムも紹介します

デリケートゾーンはとても敏感でデリケート

デリケートゾーンは顔や体の腕や脚などに比べてとても敏感でデリケートな部分です。
特に局部は皮膚ではなく粘膜です。弱酸性で敏感なため乾燥したり、外部の刺激によって痒くなりやすく、荒れやすいのです。

その外部刺激がメラニン細胞の活性化に繋がり、黒ずみの原因の1つになります。
ましてや生理期間中は長時間ナプキンを当てることになりますので、蒸れて雑菌が繁殖しやすく、匂いも気になりますよね。
デリケートゾーンはなるべく刺激をしないでおきたい部分なのです

デリケートゾーンの黒ずみは遺伝だから諦める

デリケートゾーンの黒ずみ、気がついた時にはもう黒ずんでいたかも!人の肌は生まれつき決まっているし、この黒ずみは遺伝だからといって諦めていませんか?

人とは比べることも出来ないし、なかなか聞きにくい。デリケートゾーンの黒ずみは何が原因なのでしょう?

デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素

シミやくすみと同じで、デリケートゾーンが黒ずんでしまうのも、このメラニン色素が原因だと言われています。生まれた頃には顔や局部も黒ずんでいたわけじゃありません。年齢を重ねるごとにこのメラニン色素が蓄積されているのですね。

顔や腕、脚などどの部分にもメラニン色素というものは存在します。黄色人種と言われる我々日本人は欧米などの白人の人たちよりもこのメラニン細胞を多く持っています。

ですから日焼けをすると、メラニン色素が肌を保護しようとして表面に現れてきて、肌が黒ずんでくるのです。そしてこのメラニン色素は、デリケートゾーンや乳首や脇など、女性が気になる部分で特に活発に活動します。

メラニン色素は刺激すると動き出す

メラニン色素は日焼けなど外部の刺激によって活動を行います。デリケートゾーンは特に下着やナプキンなどが当たることが多く、常にメラニン色素が活動している場所と言っても過言ではありません。

かといって下着や衣服を身に着けないわけにはいきませんので、できる限り刺激の少ない素材を選ぶことが大切です。自宅にいる間や就寝中などはなるべく綿100%の物を着用したりすると肌への刺激が少なく済みます。

陰部を洗浄しすぎるとかゆみやニオイの元に…。

陰部はどんなに通気性の良い下着やナプキン、おりものシートを使っていても蒸れてしまいますよね。かゆみやニオイが不快感につながって、陰部を清潔に保とうとお風呂でゴシゴシ洗浄していませんか?

実は陰部を洗浄しすぎるとかゆみやニオイの元になってしまいます!

市販のボディソープは洗浄力が強すぎる

粘膜で出来ている陰部は弱酸性であるのに対して、市販のボディソープの多くはアルカリ性で洗浄成分がとても強いため、陰部をその泡でゴシゴシ洗い刺激してしまうと、かゆみやニオイの原因に繋がります。

敏感な陰部には石鹸の泡のすすぎ残しや、ボディタオルなどを使って洗うことが刺激になります。刺激を受けた皮膚は、そこを守ろうとメラニン細胞が活性化させ、やがて黒ずみやくすみ、乾燥の原因になります。

また洗いすぎによって必要な菌である表皮ブドウ球菌が殺菌されてしまい、逆にニオイの原因菌である真菌が増えてしまいます。

刺激を与えないことが重要!

肌に負担を与えないように陰部の清潔を保つ為には、やさしく洗うことを心がけましょう。刺激を与えないように、石鹸やボディソープをきちんと泡立てて、必ず手で直接洗浄します。

陰部は複雑な構造になっており、汚れや垢などが知らず知らずのうちにたまりやすくなっています。もちろんその汚れはシャワーだけで洗い流すことは難しいです。

手に泡立てた石鹸やボディソープを乗せ、こすらないように注意しながら丁寧にやさしく汚れを落として下さい。この時長い爪などで陰部を傷つけないように気を付けましょう。

ちなみに膣には自浄作用があります。石鹸の泡で自浄作用が失われてしまうので避けて洗うようにします。

デリケートゾーン専用の石鹸やクリームでケアを!

市販の石鹸やボディソープ製品はとても洗浄成分が強いため、デリケートゾーン専用のアイテムでケアする事をお勧めします。専用アイテムだと陰部の肌や粘膜にも優しく出来ていますので、手軽に安心してケアが出来ます。


ハーバルラビット
赤ちゃんにも使える優しい成分だけで出来た商品で、有効成分『水溶性プラセンタエキス』と『グリチルリチン酸2K』を配合。潤いを与え、優しく美肌に導いてくれます
その他にもビタミンC誘導体、コラーゲン、ヒアルロン酸など美白成分と保湿の為の潤い成分が贅沢に配合されています
顧客満足度も98.2%と高く、毎月500名限定ですが定期コースにすると最大40%オフのキャンペーン中!

公式サイトはコチラ


イビサクリーム
クリームタイプの黒ずみ対策クリームでは一番売れている商品です。イビサクリームは、口コミNo.1ワックス脱毛サロンIBIZA WAXが開発しております。
主成分は資生堂HAKUと同じトラネキサム酸を贅沢に配合主成分はほぼ同じなのに値段はHAKUの半分程度なのでランニングコストも非常に優秀で「デリケートゾーン 美白ケア商品」によるインターネット調査でも人気No.1!

トラネキサム酸を有効成分とし、購入者の96.7%が効果を実感し厚生労働省から医薬部外品の認定も受けているクリームです

公式サイトはコチラ


デリケートウォッシュオイル
デリケートウォッシュオイルの特徴と言えばなんといっても女性なら誰もが知っているピーチジョンが販売している安心感でしょう!
トラネキサム酸などの美白成分配合のクリームタイプが多い中ピーチジョンでは名前の通りオイルで浮かせてニオイや黒ずみの元になる皮脂汚れや古い角質をオフにする働きがあります
女性の陰部は複雑な形状をしていますからオイルのような液体だと隅々まで行き渡らせることが出来ますね。

公式サイトはコチラ

まとめ

デリケートゾーンのかゆみや黒ずみを気にされている方の多くは清潔に保とうと念入りに洗ってしまいがちですが逆効果になるので要注意で適度は保湿が重要です。

適度な洗浄力と肌に優しい天然成分が配合されたデリケートゾーン専用のアイテムを利用すると良いでしょう。

洗浄成分が強いものは使わないようにして、すすぎ残しのないようにきちんとシャワーで洗い流しクリームなどで保湿することが痒みや黒ずみのケアには大切です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チラコイド

ピックアップ記事

  1. デリケートゾーンの臭いや黒ずみにおススメ3選
  2. シャンプーしても頭がかゆいのは皮膚に毒素が入っているのかも
  3. 糀肌クリームの最安値は?お試しモニターから始めてみましょう
  4. わきがの臭い対策にデオドラント3選

関連記事

  1. ボディケア

    わきがの臭い対策にデオドラント3選

    脇のニオイ対策ってワキガに悩んでいる人にはとっても重要な問題ですがワキ…

最近の記事

  1. わきがの臭い対策にデオドラント3選
  2. シャンプーしても頭がかゆいのは皮膚に毒素が入っているのかも
  3. 糀肌クリームの最安値は?お試しモニターから始めてみましょう
  4. 肌質に合ったクレンジングをするだけでコンディションは上がりま…
  5. デリケートゾーンの臭いや黒ずみにおススメ3選
PAGE TOP