スキンケア

肌質に合ったクレンジングをするだけでコンディションは上がります

 

肌を綺麗に保つためには、肌質に合ったメイク化粧品を利用する以外にもベースとなる素肌のコンディションを整えることが重要になってきます。特に毎日フルメイクを行っている方は、きちんと汚れを落としているようでも肌表面にメイク汚れが付着してしまっていると、肌のくすみや毛穴の詰まり、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。

そのためゴシゴシクレンジングで顔を洗ってしまう癖が付いている方は多いのですが、これは肌摩擦を引き起こす危険があるので、適切なお手入れのアドバイスとして事前に顔を洗う手は必ず洗い、清潔な状態にしておきましょう。

またメイクや肌質によっても適切なクレンジングは変わってきますのでお肌のコンディションやしみ、くすみ、たるみが気になる方は高価な美容液などを使用するよりもクレンジングを変えるだけでもお肌のコンディションは劇的に良くなりますのでクレンジングの種類について改めて考えてみましょう。

クリームタイプのクレンジングの特徴

クレンジングには様々なタイプのものがありますが、その中でもクリームタイプは肌の潤いを保ちながら、メイクを落とすことができる特徴があります。しかしそのほかのタイプと比べると、洗浄力が弱くなります。洗浄力が弱いので、肌への刺激は少ないため、敏感肌の人や乾燥肌の人に合うタイプといえます。

クリームタイプのクレンジングは油分と水分の配合バランスに優れています。そのためマッサージをするときに使った肌のハリや弾力を回復するためにも使用されます。

クリームタイプのクレンジングのメリットとデメリット

クリームタイプのクレンジングのメリットとしては、肌への刺激が少なく優しい、メイクを落としながら保湿が可能、潤いを保ちながら洗顔ができる、肌へのなじみがよい、マッサージにも使用できるなどのことが挙げられます。反対に洗浄力が弱く、洗い上がりにべたつき感を感じたり、しっかりと汚れを落とさなければ油分が肌に残ってしまう、クレンジングに時間がかかるなどのデメリットがあげられます。

敏感肌や乾燥肌の人にも使えて、肌に優しいという特徴を持ちますが、普通の肌タイプの人やオイリー肌の人が使用すると、べたつきを感じることがあります。また夏場などは潤い過ぎてしまうことでニキビが増える可能性もあるので、肌質や季節によって選んで使いたいところです。

リキッドタイプのクレンジングの特徴

リキッドタイプのクレンジングの特徴としては、使いやすいということが挙げられます。このタイプのクレンジングは、コットンなどに含ませて使用します。そのためシートクレンジングと同じような扱いになり、コットンを何度も顔にこすりつける必要があるため、皮膚に摩擦が起こることが問題とされています。

リキッドタイプのクレンジングのメリットとデメリット

リキッドタイプを使用するメリットとしては、どこでも素早くメイクを落とすことができる、忙しい時に便利に利用できる、メイクを落とすのが面倒な時も手軽にメイクを落とすことができるという点が挙げられます。反対にデメリットとしては、コットンを使うことで肌への負担が強い、アルコール成分が多いため肌への刺激が強い、ふき取ったままにしておくと成分が顔に残る、こすり過ぎることで色素沈着やシミの原因となるなどの注意点が挙げられます

簡単で便利に使うことができますが、成分が肌に乗っているため、洗い流さなければなりません。残したままにして苦闘ただトラブルの原因にもつながります。

オイルタイプのクレンジングの特徴

オイルタイプのクレンジングの特徴としては、肌にすぐになじみ、落ちにくいメイクでも素早く落とすことができるという点が挙げられます。クレンジングの中では洗浄力が強く、しかしその分肌への刺激が強いので、選ぶ際には注意が必要となります。

オイルタイプのクレンジングのメリットとデメリット

メリットとしては洗浄力が強いので濃いメイクも簡単に落とすことができ、毛穴の奥まで洗うことができます。油分が多いメイクとなじみやすく、お風呂でも使うことができ、洗い上がりがすっきりします。反対にデメリットとしては、洗浄力が強いため、肌に必要な皮脂までも落としてしまう可能性があります。

乾燥肌の人は十分な注意が必要です。界面活性剤が多く含まれているため、肌への刺激も強く、洗い残しがあると肌トラブルの原因にもなります。また洗顔料でのダブル洗顔が必要となります。

ジェルタイプのクレンジングの特徴

ぷるっとしたテクスチャーが特徴的なジェルタイプのクレンジング。オイルフリータイプと、オイルインタイプの2種類があります。
オイルフリータイプは、油分を含まない優しい使い心地のジェルクレンジング。肌への負担も少なくすみ、メイク汚れを穏やかに洗い流してくれます。
しかし、油分を含まないためにウォータープルーフなどのしっかりメイクは落ちにくいとされています。まつ毛エクステンションを利用していたり、ナチュラルメイクの方にお勧めです。

ジェルタイプのクレンジングのメリットとデメリット

オイルインタイプは、油分を含むメイク落ちの良いジェルクレンジング。ウォータープルーフも良く落ちます。ただし、油分が含まれているため、すすぎはぬるま湯でしっかりと洗い流さないと肌に残ってしまうことも。
ナチュラル~しっかりメイクの方におすすめです。市販されているジェルクレンジングのほとんどは、このタイプになります

メイクの濃さでクレンジングのタイプを選びましょう

クレンジングにはいくつかのタイプがあり、どれを使うかによって落としやすいメイクの種類も異なってきます。しっかりメイクをした日に洗浄力が低いクレンジングを使用すると、十分に汚れが落ちないことがあります。また、落ちにくいからといって頑張って落とそうと肌を強く擦ってしまっては、余計な負担やダメージを与えてしまうことになります。

そのため、自分のメイクの濃さに合わせてクレンジングのタイプを選ぶようにしましょう。まず、しっかり目のメイクを落とすのに効果的なのは、オイルタイプのクレンジングです。毛穴汚れもしっかり落とし、濃い目のメイクも浮かせてすっきりと洗い上げます。

ただし洗浄力が高い分、必要な顔の皮脂や水分も洗い流してしまうことがあるため、肌が乾燥している時には違うタイプのものを使用すると良いでしょう。逆に、ナチュラルメイクの時にはクリームタイプのクレンジングがおすすめです。

成分として使用されている界面活性剤の量が少ないのが特徴で、その分肌への負担も減らすことができます。また、肌荒れが気になる時や乾燥が酷いとき等には、ミルクタイプのクレンジングが効果的です。クリームタイプのクレンジングよりも油分が少なく、擦らなくても簡単に落としやすい特徴があります。そのため肌にも優しく、より負担を抑えて汚れを落とすことができます。しかし洗浄力はそこまで強くないので、ナチュラルメイクの時に使用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チラコイド

ピックアップ記事

  1. わきがの臭い対策にデオドラント3選
  2. 糀肌クリームの最安値は?お試しモニターから始めてみましょう
  3. デリケートゾーンの臭いや黒ずみにおススメ3選
  4. シャンプーしても頭がかゆいのは皮膚に毒素が入っているのかも

関連記事

  1. スキンケア

    糀肌クリームの最安値は?お試しモニターから始めてみましょう

    乾燥肌や年齢肌による小じわ、たるみなどのお悩みの方に人気なのが糀肌クリ…

  2. スキンケア

    新聞、雑誌でも話題のビューティーオープナーの売り場はどこ?

    新聞、雑誌でも話題のビューティーオープナービューティーオー…

  3. スキンケア

    もしかして増えてる?気になるそばかすの原因を考える

    長い間鼻の周りにあるそばかすで悩んでいませんか?子供の頃からあるか…

最近の記事

  1. わきがの臭い対策にデオドラント3選
  2. シャンプーしても頭がかゆいのは皮膚に毒素が入っているのかも
  3. 糀肌クリームの最安値は?お試しモニターから始めてみましょう
  4. 肌質に合ったクレンジングをするだけでコンディションは上がりま…
  5. デリケートゾーンの臭いや黒ずみにおススメ3選
PAGE TOP